レーザーでクマ治療をしよう|当てるだけで見た目の印象変わる

レディ

美容と健康にいい注射

注射

プラセンタの副作用

更年期障害やアンチエイジング目的にしている人が多いのがプラセンタ注射です。プラセンタ注射は、人間の胎盤から作られたメルスホンやラエンネックという名称の薬剤です。プラセンタ注射は誰でもできるわけではなく、医療機関で医師の診察を受け、医師が注射をしても問題ないと判断した人だけ出来ます。プラセンタ注射はプラセンタのサプリメントやドリンクよりも即効性があります。ただし、皮膚に注射のあとがしばらく残ります。また、継続して注射を打つことを考えると、通院しやすいクリニックを選ぶことが大切です。また、プラセンタ注射をしている人の献血は禁止されています。そのため、献血をしたい場合はプラセンタ注射を止める必要があります。

注射の頻度

プラセンタ注射は多くの美容外科でしている人気の注射です。美容目的で注射をする場合は自費診療ですが、更年期障害の治療であれば保険治療です。美容外科は自費診療のみしているので、保険治療をしたい場合は一般の内科や婦人科に行くのがお勧めです。自費診療の場合は一回1500円〜3000円ほどです。保険治療の場合は一回500円程度で出来ます。プラセンタ注射の頻度ですが、治療目的や症状によります。更年期障害の場合は1週間に一回が効果的です。美肌目的の場合は2週間の一回プラセンタ注射を継続すれば効果が出やすくなります。即効性があるので、仕事の疲れがたまっているとき、二日酔いが取れないときなどにしても効果があります。